ブライダルフェア予約

ST.DAVID’S CHAPEL

セント・デイヴィッド・チャペル(本館)

18世紀からの伝統を継ぐ本館セント・デイヴィッドチャペル。

一度見たら忘れられない、18世紀から伝わるステンドグラス

ステンドグラスはアーチ状になっているから、
祭壇の二人は光に包まれ、まるで天然のスポットライトの様。
ゲストにも、一度見たら忘れられない光景になるはず。

ステンドグラスは、18世紀英国の教会で使われていたアンティーク。
通り抜ける光は、毎日同じ表情を見せない、その瞬間だけの特別なモノです。

  • セレモニーを演出する200年前の英国製パイプオルガン

    日本に数人しか整備出来る技師がいないほど珍しい、
    200年前のパイプオルガン。
    現存する中では、日本最古級です。

    もちろん今でも演奏可能で、
    聖歌隊と共にお二人の入場を盛り上げてくれます。

  • アイテムはすべて18世紀英国製

    数々の調度品は、18世紀のイギリスの教会で使われていたもの。

    「本物の愛を誓う二人の空間に、偽物があってはならない。」
    そんな想いが込められています。

365日生花が飾られたバージンロードはプロテスタント伝統の白い絨毯

チャペルに入った瞬間、花の良い香りにあふれている事に気づきます。それは挙式を行わない日でも、365日毎日生花が飾られているから。「本物」にこだわるキャメロットヒルズだからこそのポイントです。
白い絨毯はプロテスタントが長く守り続けた伝統の色。
入り口の扉は一段高く備えられ、エスコートされながら静かにたたずむ美しい花嫁の姿が、参列者の心に深く刻まれます。

トランペット・パイプオルガン・聖歌隊の生演奏で映画のような入場を

入場は、聖歌隊・トランペット・パイプオルガンの生演奏で入場。ゴシック様式のチャペルには生演奏の音が高らかに響きわたり、まるで映画の主人公になったよう。写真は説教台と言われるものでご新婦様の入場はソリストがこの上からアヴェ・マリアを独唱します。ゲストにも、きっと忘れられない瞬間になるはず。

緊張の挙式のあとは笑顔あふれるフラワーシャワーを

美しい花の香しさで、二人の幸せを守る意味を持つフラワーシャワーは、青空と緑に囲まれた庭園で。神聖な挙式のあとに訪れる、笑顔があふれる瞬間です。

教会に加湿器

普段、教会のパイプオルガンの前には、なぜか加湿器が並べられています。
キャメロットヒルズのパイプオルガンは、150~200歳と言われているのですが、音を出すメカニズムも建造時のままを保っています。
これらは木製の繊細なものですので、世紀を超えて奏でられる優しい音色を守るため、こうして木に潤いを与えているのです。
もちろん、本番の挙式のときには片付けられていますので、どうぞご安心ください。

ST.GLASTONBURY CHAPEL

セント・グラストンベリ・チャペル(別館)

19世紀中世ゴシック建築仕様の大聖堂別館セント・グラストンベリ・チャペル

その輝きに誰もがうっとり中世ヨーロッパの大聖堂

ゆるやかな曲線を描く天井に、5連ランセットのステンドグラス、
モザイク模様のバージンロードなどが幻想的な雰囲気を漂わせ、ロマンチックなセレモニーを叶えてくれる。

  • きらめくステンドグラス…。
    本物の輝きが心を震わせる空間で、永遠の誓いを交わそう。

    精巧な細工を施したステンドグラス、アンティークウッドの祭壇、
    テラコッタにモザイクレリーフをデザインしたバージンロード。

    ヨーロッパの大聖堂を彷彿させるチャペルで感動のセレモニーを。

中世ゴシック建築の空間美

両脇で教会を支える柱は木の幹、緩やかなアーチを描く天井は木からのびる枝を表す、伝統のゴシック様式で建てられたチャペル「セント・グラストンベリ」。
英国国教会の文化を受け継ぎ、トランペットの高らかなファンファーレで幕が開く厳粛なセレモニーは、神聖な雰囲気の中に、喜びと祝福が満ち溢れています。

パイプオルガン・トランペットの生演奏と共に入場

本館同様、パイプオルガンがチャペルについています。
アネックスのパイプオルガンも本物のアンティークで、19世紀のもの。
トランペットとパイプオルガンの演奏、聖歌隊の歌とともに、厳粛な雰囲気で入場して頂けます。

チャペルを出ると、すぐにガーデンが

アネックスは、1チャペル1バンケットだから、施設の距離が近いのも魅力。
チャペルを出たらすぐにガーデンがあるから、そのままガーデンでフラワーシャワー、挙式後すぐにガーデンパーティーなど、様々なアレンジが自由自在です。

アンティークの数々

アネックス内に限らず、キャメロットヒルズには、英国で実際に使われ続けて来たアンティークが数多くあります。それは、ここをお二人の家として使っていただくのに、本当に邸宅らしくしたいという思いからなのです。当日は、お二人がここの「主(あるじ)」であり、お二人らしくすればするほど、ここが本当にゲストをもてなすための邸宅になります。ですので、当日はアンティーク以外にも二人の思い出の品や写真をたくさん飾っていただいています。

OTHER FACILITIES

その他の施設をみる

会場についてのよくある質問についてはFAQよりご確認ください。

RESERVATION

ブライダルフェア予約
資料請求

TEL048-661-6222

11:00~19:00(平日) /
10:00~20:00(土日祝) 
※定休日:毎週火曜(祝日除く)